2015年10月アーカイブ

かなり冷え込む朝があったと思ったら、昼間は半袖一枚でも暑いぐらいの日があったりで、季節の変わり目というのは本当に着るものを考えるのが難しいです。

そんなこんなで風邪をひく人も多いと思いますが、自分が勤める薬局内でも発熱する人が続出していました。
自分は何とか熱を出さずにすみましたが、インフルエンザも流行りそうな時期なので皆さん気をつけましょうね。

スポーツの秋はいかがお過ごしですか?
自分はこの前、とある運動会に参加したのですが、リレーを走ったら激しい筋肉痛に見舞われました・・・。
二、三日身体中が痛かったです。
ムリは禁物ですね。

バーベキューとか、やりたいことはいろいろあるのですが、なかなか手が回らない薬剤師です・・・悲しい(涙)。
知り合いから聞いた話だけど、近くの病院に務める医師の奥様がいけないことをしてるところを目撃しちゃったかもしれないらしい。あ、いけないことと言っても男性相手のいけないことではなくて医師の旦那さまが勤める病院以外の病院に通っているっていう意味でのいけないことね。紛らわしいとかそんな批判は一切受け付けておりませんので、女の雑談なんてこの程度だとお諦めください。

医師の奥様はもともと病院に通う患者さまだった、医師が奥様に一目惚れしてそれから医師の猛アプローチで付き合ったとか。確か当直のお医者さんだったかな。んでそのまま見事結婚って話も知り合いから聞いてた、奥様は結婚してからも評判の良妻だったらしい。でも知り合いはそんな奥様が病院から少し離れたところにできた新しいクリニックに通っているという話、新しいクリニックもできた当初はライバルになるなんて言われてたけどそこの医師の奥様が自分のところにくるとは思ってもなかったでしょうね。もちろん保険証とか出すんだから、ライバルの病院の奥様だってことはすぐわかるでしょうしね。これは旦那様の医師が知ったら怒るのかしら、さすがに自分のところに来てたのに変えたとなると怒るんじゃないかしらね。けどその新しいクリニックってイケメン医師がいるとか、そんな噂を聞いたような聞かなかったような。
車の事は詳しくはないのですが、ヤバくないですか?

ドイツの自動車メーカー「フォルクスワーゲン」の問題。
薬剤師の先輩がワーゲンに乗っているのですが、まあそれは問題ない車種だそうですが、リコールや、アメリカ内での虚偽制裁金2兆円、また各国のワーゲンオーナーからの裁判も起こされたら、社内の内部留保だけでも大丈夫なのでしょうか?
トンでもない金額ですよね?
世界に名だたるメーカーとはいえ、これは会社の存続すら危ぶまれたりしないのか?なんて心配すらしてしまいます。
外人のコメンテーターが「これは日本の自動車メーカーにはかなり有利な出来事」なんて言っていましたが、競争社会とはいえ、これだけ大きな会社ですから、自社員や関連企業の労働者数は半端無いでしょう・・・。

そんなことが気になった薬剤師でした。

このアーカイブについて

このページには、2015年10月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2015年8月です。

次のアーカイブは2015年11月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

リンク